ホーム › 私たちの活動
第8回がん統合医療シンポジウムで当法人野本篤志代表が講演をします。
    第8回がん統合医療シンポジウム『あなたを健康へと導く最新の医療とセルフケア』

    日時:平2016年10月30日(日) 13:20〜16:50(開場13:00)
    会場:つくば国際会議場2F中ホール200 <https://www.epochal.or.jp>
    参加費:前売1,600円 当日2,000円
    定員:200名
    演題:
   第1部『自然治癒力を上手に引き出す生き方暮らし方』
    〜サバイバーに学ぶがん克服の実践ヒント〜
    野本篤志(薬学博士 NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン代表理事)
   第2部『がんと上手に付き合うための必要な知識』
    〜がんに対する免疫をどうすればあげられるのか〜
    谷川啓司(医学博士 ビオセラクリニック院長、東京女子医大消化器内科講師)
    申込み:電話:070-5015-3151(NPO緑の風)
      または、E-mail(a-nomoto@kmj.biglobe.ne.jp)。

             
NPOほあーがんサポートネットワークの招待で当法人野本篤志代表が講演をします。
    招待講演『がんを味方につける生き方-きちんと知ればがんは怖くないー』

    日時:平成28年3月14日(月)13時半〜16時半(受付開始13時)
    会場:横浜市民活動センター4階(桜木町駅より徒歩7分)
    参加費:3,000円(先着30名予約制)
    定員:250名
    申込み:イーハトーヴクリニックHPセミナー予約フォーム
      または、E-mail(info@ihatovo-clinic.com)。
      または、電話(045-902-7240;診療時間内のみ。

        
第7回がん統合医療シンポジウムで当法人野本篤志代表が講演をします。
    第7回がん統合医療シンポジウム『健康を育み病気を癒す腸内フローラ』

    日時:2015年11月8日(日) 13:30〜16:40(開場13:00)
    会場:つくば国際会議場3F中ホール300 < https://www.epochal.or.jp/>
    参加費:前売1,600円 当日2,000円
    定員:250名
    演題:
   第1部『有益微生物活用の最前線』〜竹パウダー農法から腸内細菌移植療法まで〜
      野本篤志(薬学博士 NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン代表理事)
   第2部『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』〜がんやアトピーにならない生活習慣〜
      藤田紘一郎(医学博士 東京医科歯科大学名誉教授)
    申込み:まだ若干の残席がございます。
      前日までに(070-5015-3151)までお電話ください。
      当日受付でお名前を言っていただければ前売り料金(¥1,600)で入場できます。

        
第29回日本アンチエイジング研究会で当法人代表理事野本篤志が基調講演
  「がんという自然から のメッセージにどう応えるか?」を行います。
    がんや難病を乗り越えるための新常識』を開催します。是非ご参加ください。

    日時:平成27年5月30日(土)13:30〜16:40
    会場:シアター1010ギャラリーB(北千住駅前)
    参加費:前売1,500円、当日2,000円
    定員:150名
    申込み:下記いずれかの口座に参加費1,500円を振り込んでから(氏名を明記ください)、
       info@soudan-gan.com宛にメールにて参加申込みの旨と前売りチケット郵送先
       住所・氏名をお知らせください。口座入金を確認後前売りチケットを郵送します。
        ゆうちょ銀行 記号10690 番号33334421 トクヒ)ミドリノカゼヘルスサポートジャパン
        常陽銀行 荒川沖支店 普通1405620 トクヒ)ミドリノカゼヘルスサポートジャパン

        
『今後の活動予定』
  第29回日本アンチエイジング研究会で当法人代表理事野本篤志が基調講演「がんという自然から
  のメッセージにどう応えるか?」を行います。
  当日は会員以外の一般参加も可能です。
  是非ご参加ください。

    日時:平成27年5月9日(土)13時〜15時(12時開場)
    会場:中央区立浜町区民館大会議室(東京都中央区浜町3-43-1)03-3668-2354
    参加費:1,000円

  第29回日本アンチエイジング研究会で当法人代表理事野本篤志が基調講演「がんという自然から
  の
『がんのセルフケア』を普及させていく活動
  がん患者さんがセルフケアをわかりやすく理解し、手軽に実践して いける環境づくりをして、
『がんのセルフケア』を広めていきます。

(1)がんの成り立ちを理解してもらう

ホームページに『知って欲しいがんの原因』のコーナーを開設しました。 がんの成り立ちの3つのステップについて図解入りでわかりやすく解説しています。

(2) がんの成り立ちとセルフケアの関係を理解してもらう

ホームページに『自然治癒力を高めるセルフケアの方法』のコーナーを開設しました。がんの成り立ちの中の5つのポイントと、実践していただきたいセルフケアの関係を色分けした記号(○と△)を使って視覚的に表現しています。

(3) セルフケアについての理解を深めながら日常で実践してもらう

『がんセルフケア実践ノート』をホームページからダウンロードできるようにします。一人ひとりが自分に必要なセルフケアは何か、どこができていてどこが足りないかを理解でき、継続して実践できるように設計されたノートです。セルフケアだけでなく、ご自身の体調管理や治療経過などについてもこの1冊で管理できるように工夫されています。

※ 今年3月完成予定です。

(4) もっと深く知りたい人にアドバイスをする

『がんセルフケア実践ノート』を使ってセルフケアを実践していく中でがん克服に向けてより深く専門的なアドバイスがほしい時に活用していただくため『セルフケア面談』を開催します。代表理事が予約制で現在の体調や受けている治療を踏まえて、お一人おひとりに合ったセルフケアや補完療法に関するアドバイス、現行の治療や日常生活に関する相談をお受けします。

※ 今年2月から東京にて毎週定期的に開催いたします。

『希望のバトンリレー』を全国に広げていく活動
闘病中の方に、自分の力でがんを克服した人がいることを知ってもらい、希望を持って前向きに 治療・セルフケアに取り組んだ結果、その方がんを克服したら、その体験を今闘病中の方に 伝えて希望をつないでいくという
『希望のバトンリレー』を広げていきます。

(1)『がんを克服した人』の掘り起こしと患者さんとの橋渡し

ホームページに『がんを克服したひとの物語』を開設し、自分の力でがんを克服した方の 体験談を掲載します。体験談に関しては、当協会の『がんのセルフケア』を普及させていく活動を通じてがんを克服された方の体験談に限らず、広く全国から募集します。
患者さんが、『がんを克服したひとの物語』の体験談を見て実際に話が聞きたいと事務局に 問い合わせがあった時には、体験談を送っていただいた方に了解を得て直接メール交換ができるように橋渡しをさせていただきます。

(2)がん患者とがんサバイバーの交流会

東京、大阪、福岡でそれぞれ年2回のスケジュールで、がん患者とがんサバイバーの交流会を開催します。
がんを克服した方のお話を直接聞いたり、『理事長懇話会』『笑いヨガ』『日帰り登山』のイベントなどで 現在闘病中の方とがんを克服された方の交流を深めます。

■ これまでの活動より

当協会では個人情報保護の目的で、本人からの同意をいただいた場合以外には  個人が特定できないよう写真に配慮させていただいております。ご了解ください。